フラット35が利用できる条件

フラット35ガイド

[an error occurred while processing this directive]フラット35を利用するには、大きく分けると「物件の制限」と「人の制限」があります。

民間金融機関が提供する住宅ローンに比べると物権の基準が厳しい一方、借入者については職業や職種、勤続年数による制限はつけていない等、基準がゆるくなっています。

「物件の制限」は住宅の規模や建築技術基準などで、「人の制限」には、年齢、年収などが挙げられます。

また、住宅について住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを証明する適合証明書の交付を受け付けることを必要としています。

■物件の制限
【敷地面積】
【住宅の規模】
【物件審査等】
【銀行住宅ローン】
【敷地の権利】

■人の制限
【年齢】
【勤続年数】
【返済負担率】
【団体信用生命保険】

■融資額
【融資率】
【融資限度額】


トップページに戻る